windowsのvagrant,vccw環境をdropboxで同期するための手順

2016/12/2

まさにこちらの記事のような事をやりたかったのです。
http://qiita.com/hashcc/items/438ad3cd81f16bc6d6fa

dropboxの選択同期をどうのこうのするのは面倒だったのですが、
↑の記事に、下記のコメントがあり、これがドンピシャの方法でした。

.vagrant ディレクトリの名前は VAGRANT_DOTFILE_PATH 環境変数で指定できるので、複数のマシンで VAGRANT_DOTFILE_PATH を異なる値にする、という方法でも回避できます。

Environmental Variables – Vagrant Documentation
例えば、マシンごとに VAGRANT_DOTFILE_PATH=.vagrant-MACHINENAME のようにします。
Dropbox の選択型同期の設定がとてもめんどくさいので、わたしはこの方法を使ってます。

これは具体的にどうするかというと、windowsのシステム環境変数にVAGRANT_DOTFILE_PATHを追加すれば良いみたいです。

コントロールパネル/システムとセキュリティ/システム/システムの詳細設定/環境変数のボタンを押します。

開いたウィンドウからシステム環境変数を新規に作成します。

変数名→VAGRANT_DOTFILE_PATH
変数値→.vagrant-(PC名等)
と入力してOKを押します。

これでこれ以降vagrant upすると、作成される.vagrantフォルダの名前が変数値に指定した名前に変更されています。
それによりデスクトップとラップトップでdropboxでvagrant環境を共有している場合などでも、それぞれ別々の仮想マシンが作られるようになります。

尚、すでに仮想マシンが存在する場合は、vagrant up時に新たに作成しようとしてエラーが出てしまうので一旦仮想マシンをすべて削除してから行う事をお勧めします。

質問やご指摘など気軽にどうぞ


Notice: Undefined index: email in /home/yamaterasu/half-half.info/public_html/wordpress/wp-includes/comment-template.php on line 2440

コメントを投稿する