iPhoneからMacをスリープさせる

Mac

Mac miniにegpuつないでたら放置してても完全にスリープしないみたいで、寝る前にスリープさせるの忘れたりしたときにiPhoneからスリープさせれたら便利だなーと。めっちゃ簡単にできた。

同一LAN内にあるiPhone(iPad)、Mac同士に限られるけど、iOS12から標準搭載されているショートカットを使って、iPhoneのホーム画面にMacをスリープさせるショートカットを作成する。

Macのリモートログインを有効にする

システム環境設定の共有からリモートログインを有効にする。
リモートログインの欄に表示されているユーザー名とIPアドレスをメモする。赤線の部分がユーザー名。

 

iPhoneでショートカットを作成する

iPhoneのショートカットアプリを開き右上の+ボタンから新規ショートカットを作成し、アクションを追加。
以下は2021年7月現在最新のiOS14.6での画面。将来変わる可能性はある。

 

スクリプティングを選択

 

SSH経由でスクリプトを実行を選択

 

次の画面で表示を増やすをタップ

 

以下のように設定する

ホスト:先ほどメモしたIPアドレス
ポート:22
ユーザー:先ほどメモしたMacのユーザー名
入力
osascript -e ‘tell application “Finder” to sleep’

 

あとはこのショートカットをホーム画面に追加すれば、アイコンをタップするだけでiPhoneからMacをスリープできる。

質問やご指摘など気軽にどうぞ

コメントを投稿する