gulp-connect-phpをwindowsで使う

2017/6/20

gulp-connect-php

Macだと最初からphpが入ってるからすんなり動きますが
windowsだと手動でインストールする必要があります。

公式サイトからダウンロード

windowsと書いてある部分から、windows用のパッケージをダウンロードします。
http://jp2.php.net/downloads.php

インストール

Cドライブ直下にphpというディレクトリを作成します。
そこにダウンロードしたパッケージの中身をすべて移動します。
次にPHPの設定ファイル(php.ini)を配置します。
phpフォルダの直下にある「php.ini-production」ファイルをコピーし、「php.ini」というファイル名で同じフォルダ(phpフォルダ)に配置します。php.iniの設定は必要に応じて設定していきます。

パスを通す

環境変数を設定します。
コントロールパネル→システムとセキュリティ→システム→システムの詳細設定→環境変数
そこから以下の画像を参考に、path→編集→新規で先ほどphpをインストールしたディレクトリを
設定します。

これでphpのインストールは完了です。

gulpfileの設定

以下はbrowser-syncやstylusと一緒に使ったときの書き方。

var gulp = require('gulp'),
    connect = require('gulp-connect-php'),
    browserSync = require('browser-sync'),
	stylus = require('gulp-stylus'),
	combineMq = require('gulp-combine-mq'),
	plumber = require('gulp-plumber');



gulp.task('connect-sync', function() {
  connect.server({
    port:8080,
    base:'www'
  }, function (){
    browserSync({
      proxy: 'localhost:8080'
    });
  });
});

gulp.task('stylus', function() {
	return gulp.src('./stylus/*.styl')
		.pipe(plumber())
		.pipe(stylus({use: [require('nib')()]}))
		.pipe(combineMq())
		.pipe(gulp.dest('./www/css/'))//cssを吐き出すフォルダ
		.pipe(browserSync.stream())
});

gulp.task('reload', function(){ 
  browserSync.reload();
});

gulp.task('default', ['watch', 'browser-sync','stylus']);

gulp.task("default",['connect-sync'], function() {
	gulp.watch("./www/**/*.php",["reload"]);
	gulp.watch('./www/*.php',["reload"]);
	gulp.watch('./www/*/*.php',["reload"]);
	gulp.watch('./www/js/*.js',["reload"]);
	gulp.watch('./stylus/*.styl',['stylus']);//stylusの監視ファイル
});

質問やご指摘など気軽にどうぞ

コメントを投稿する